狭い土地におしゃれな新しい家を建てたのが凄い

今の新しい家って本当に斬新な色がの家が多いなと感じます。

近所には続々と新しい家が建っています。

その家は、全ての壁が真っ黒だったり、1階部分が白で、2階部分が黒というツートンカラーだったりするのです。

そんな新しい家の中には、とっても狭い土地に小さな家を建てている人もいました。

幅も狭く、奥行きもあまりないような土地に、縦長の新しい家を建てているのでした。

屋根が片方に斜めになっているので、そちらの方に雨などが落ちるようです。

近所の人の話では、1階がキッチンとなっていて、2階がリビング、3階が寝室になっていると言うことでした。

各階に一部屋しかできないようです。

ちょっとした土地でも一戸建てが建てれるのですから、ちょっとした予算で新しい家を建てれるのも夢ではないかもしれません。

でも、よく左右の一戸建との間に、隙間がちょっとしかない場所におしゃれな新しい家を建てれたなと驚きます。

今の建築技術は本当に凄いなと思いました。