遮熱性と断熱性を高める家作りの違い

断熱性を高める家を作るとなると、いわゆる夏の暑さをイメージなさる方が多いです。実際その通りで、夏に必要以上に暑くなるのを防止するために、断熱塗料を使って住宅建設をするケースも珍しくありません。
ところで断熱という言葉は、たまに遮熱という用語と比較されます。その2つは一見すると非常に似ているのですが、前者の断熱という用語は、夏に対して用いられるのが特徴的です。遮熱という用語は、主に夏の暑さを防止するために用いられるのです。太陽熱を防ぐ為に、塗料などを用いるのが一般的ですね。
ところが断熱の場合は、何も夏の暑さだけではありません。冬の寒さ対策もあるのです。住宅の中から熱が逃げてしまう事は、非常に多いですね。それで住宅の中が寒くなるケースも多々ありますが、断熱塗料はそれを防止してくれるのです。もちろんそれで、冬のエアコン代を節約できるケースも非常に多いのですが。
ですので断熱性を高める家作りというのは、遮熱性を高める工事などとは少々意味合いが異なるのですね。