”冬暖かくて、夏涼しい家”を建てたい!

築40年の家を建て替えする時にこれだけはゆずれないと思っていたことの一つが”冬暖かくて、夏涼しい家”でした。
どんな風に家を建てたら”冬暖かくて、夏涼しい家”になるのか、いろいろと考えました。
冬は暖かい空気が逃げないように、また暖房をつけたらすぐに暖かくなるように、外気温度に室内の空気が影響を受けにくいようにしよう。
夏は風通しの良い家にしよう、エアコンをつけたらすぐに涼しくなるようにしよう。
そんなことを考えました。
まずは、窓や玄関ドア・玄関の土間・外部と接する壁や天井の断熱性能を高くすることにしました。
窓はガラスをペアガラスにして窓本体のサッシはサッシメーカーの断熱タイプサッシにしました。
玄関ドアは断熱タイプと断熱がついていないタイプがありましたので、断熱タイプに決めました。
冬になると玄関の土間から冷たい空気が入ってくる感じがしたので、床と床下と接する壁にスチロールの様な断熱材を入れてもらいました。
外部と接している壁や天井の断熱材の性能を高くしました。
どのぐらいの効果があったかわかりませんが、40年前の家より確実に過ごしやすい室内になりました。
断熱性能を高くすることに加え、内部と外部の隙間を減らしました。
24時間換気システムは熱交換タイプの気密性の高い物にしました。
配線や配管の外部とのすきまを下地・構造の段階で極力減らすように工務店にお願いしました。
すきまが少ないからか、エアコンが早く効きます。
断熱性の高い家は断熱材やサッシなどの断熱性能を上げるだけでなく、隙間を減らすことも効果があると感じました。
建て替えた家は築40年の家と比較すると暑さ・寒さの差が少なくとても快適です。