一番重要なのは窓の断熱性能

住宅の断熱性能で一番重要なのはなんといっても開口部です。具体的には窓と扉の
性能です。冬場は窓から冷気が入って室温が下がったり窓際の温度が下がります。
これはサッシュの機密性が低いのとガラスが一枚ガラスで熱を伝導するのが主な原因になります。近年の新築住宅は高性能サッシュや複層ガラスが標準仕様になりこのような問題はほとんどありません。
問題になるのは中古住宅の窓の断熱性能をどうやって向上させるかということです。
具体的な方法はガラスを複層ガラスに変える。既存サッシュの内側にインナーサッシュ
を設置する。既存サッシュの内側に障子を設けるという方法です。複層ガラスに変えてもサッシュ自体が古く断熱性能が低ければやはり効果は薄くなります。サッシュ全体を
やりかえるとコストもかさみますのでむしろ既存サッシュの内側にインナーサッシュを
設けるのが経済的にも賢い方法です。ただしこの方法の欠点はサッシュを設ける分
だけ部屋が狭くなることです。