新しい家への引越し

私が高校生の時に両親が新しい家を購入し初めて一軒家に住むといった経験をしました。それまではずっと社宅住まいだったので小さいながらも庭があり、2階建ての新しい家は非常に嬉しかったのを覚えています。

引越しの際にそれまで和室だったから布団で寝起きしていたのを今度は洋室をもらえたのでベットを購入しました。和室だとふすまが敷居なので自分の部屋といっても中の音は周囲にすぐに伝わってしまうし、起きているかどうかも電灯の光によりバレてしまい夜更かしもあまり出来ませんでした。

だけど洋室ならきちんとドアがあるので、ドアを閉めると密室という感じで中で自由に何でも出来るような気持ちになりました。それにどこもかしこもキレイだし、お風呂もこれまでよりずっと広くてゆったりと入ることが出来、床暖房の機能もついていたので冬は快適に過ごすことが出来ました。その上にコタツをひけば足元はポカポカでエアコンは必用ないくらいでした。冷え性の私としては非常に嬉しい機能です。