断熱性に優れた住まいで快適生活

これからの寒い季節がやってきます。寒いときに断熱性に優れた住まいにすんでいれば快適な生活を送ることができます。断熱性が優れていれば、暖房の効きも良くなりエネルギーの観点から見ても省エネにつながります。断熱性が優れているということは外の外気の影響を受けにくくなります。暖房の立ち上がりのときは時間をかけずに部屋を温めることができるし、暖房を切ったあとも長い時間部屋を温かく保ったままにしてくれます。それでは断熱性を高めるにはどうすれば良いのでしょうか?
まず、壁の断熱性を高める方法があります。壁の中に断熱材を施工するのです。現在の住宅、マンションでのほとんどの住まいではこの断熱材が施されています。ただ壁の断熱方法や使われる断熱材によってその効果は分かれるので、それぞれの住まいにとって良い断熱方法を選ぶことが重要です。簡単に言えば、断熱材を壁の外側に施すのか内側に施すのかで違いが出てくるし、断熱材として使う材料も「グラスウール」という断熱材を使うのか「ロックウール」という断熱材を使うのかで違いが出てきます。
壁以外にも、サッシガラスを何にするかで部屋の断熱が違ってきます。外の冷気が室内に入る原因はサッシからと言っても過言ではありません。断熱に優れたガラスサッシを使用することで快適な住まいが実現できます。結露でびっしりになるサッシはカビを招きますし、ヒヤリとした空気をサッシ周りに感じると不快です。そういったことを防ぐために、断熱性に優れたサッシが商品化されていますので、検討して採用するのも良い手だと思います。