新しい家の外装材の決め方などについて

家を新築するときに迷ったのが断熱材をグラスウールとウレタンフォームどちらにするか?ということです。

私が色々なモデルハウスを見学したときには、ハウスメーカーごとにどちらの断熱材を採用しているかが決まっていました。

ウレタンフォームを採用しているハウスメーカーは、グラスウールの発がん性などのリスクを説明して、中には「当社のウレタンフォームは人が食べても安心な材料で作られています」とおっしゃり、目の前でウレタンフォームを口にしてしまう営業マンもいました。

かたや、グラスウールを採用しているハウスメーカーは、木造家屋において、ウレタンフォームが固まった状態になると、木が暴れた時に硬くなったウレタンホームと木材の間に隙間が出来てしまうことを指摘していました。

最終的に我が家が選んだのは、高性能グラスウールでした。高性能グラスウールであれば、細かな繊維が飛散することもなく、発がん性の心配をせずに済むと思ったからです。また、高性能グラスウールであれば、その厚みと丈夫さから、しぼんだり、へ垂れてしまったりすることがないとの説明があったことも採用のポイントでした。実際に住んでみて、その結果に満足しています。

もうひとつ、新しい家の住まい作りをして行く上で見た目の家の外観というのは非常に大切なことではあると思うのですが、同時に外観を決めていく場合に、メンテナンスなどがしやすいかどうかということも頭に入れておきたい事なのです。

屋根材などにも非常に豊富に種類があるのですが、重さがあり重厚な物もあれば、軽い屋根材もあります。軽い屋根材を使った場合には構造計算も楽になりますし、建物の耐震性能なども高まるのが魅力です。また、防火性能の高いものもありますし、雷が落ちにくいといった機能を持っている商品などもありますので、住む地域によっては選び方も変わりますし、商品によってお手入れの仕方も異なるのです。

外壁材も、サイディング、ALC、モルタル、タイル、レンガなど豊富な種類があるのですが、メンテナンスの楽なハイブリッド型の商品も増えています。ただ、コストとのバランスがありますし、機能がどれほど高くてもメンテナンスは完全には無くなりません。もちろん好みもあるでしょうし、それぞれの風合いを気に入って購入する場合が多いと思いますが、メンテナンスに対してのコストなども充分に配慮して考えた方が良いでしょう。

<特別サポート>
生命保険の選び方|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|ページランク|ダイエットジムフランチャイズ|アフィリエイト相互リンク|住宅リフォーム総合情報|JALカード|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|ページランク ランキング|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|